as_6192.JPG

2016年09月25日

愛知県リーグ第9節

愛知県リーグ 第9節
2部
愛知淑徳大学B 22-0 大同大学
得:土屋 市川2 小宮9 上村2 吉田2 種村3 大熊 垣内 OG

1部
愛知淑徳大学 5−1 名古屋工業大学
得:鈴木 真鍋2 朴 板崎


http://www.digibook.net/d/4d55c913b00a16ecfd40a240d0fad883/?viewerMode=fullWindow 

撮影と制作:牛込光子様
やはりこれがないと寂しいですね。

20160925_102741.jpg

20160925_094500.jpg

20160925_142950.jpg

1474795959131.jpg

次節 10月2日(日) 12:15キックオフ
@愛知淑徳大学長久手キャンパス
愛知淑徳大学 VS 愛知教育大学
posted by 愛知淑徳大学サッカー部 at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 公式戦結果

2016年09月19日

新ルールについて

2016…2017 ルールの変更点について
下記を参照してください。
https://m.youtube.com/watch?v=k3uaApAC-8I

20160919_145442.jpg

20160919_144830.jpg
posted by 愛知淑徳大学サッカー部 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年09月14日

マネージャーの日記

お久しぶりです(*^^*)
マネージャー4年のまどかです。
先週オフが明けあっと言う間に9月になってしまいましたね…

今日は10時から練習でした。
朝起きた時は涼しいのかな〜と思ったんですが練習の時間になると意外と暑かったです(*_*)
もうちょっとしたら授業が始まって授業後に時間が変わるので秋らしく涼しいのかもしれません。

今年は今までより練習に行く日数が少ないからそんなに日焼けしないかなって思ってましたが今年も普通に日焼けしました…
選手にはさすがに負けますが私も腕が結構日焼けしてます。
来年からは夏も色白でいたい(*_*)

昨日・今日が後期の履修登録の日で私は今日の練習後になりみちゃんと一緒に行ってきました。
久しぶりに学内に人がたくさんいるのを見た気がします!
1年生たちが前期の単位何個落としたとかって話してたので後期は真面目に授業受けようね。

先週金曜日にざき、しゅん、こうたの3人が遊びに来てくれました(*^^*)
私は嬉しすぎて顔がいつもより笑ってたらしく後輩に
今日嬉しそうですね〜
って言われました。笑
やっぱり同じ学年の部員と久しぶりに会えるのは嬉しいですね!

3人は久しぶりに運動したのか特にこうたが辛そうでした。笑
ちょこっとはぎも顔を出してくれました!
また来てね。

そういえば100年インタビューっていう澤穂希さんが特集されてたテレビ番組を何ヶ月も前に録画したんですがやっと最近見て
「苦しい時は私の背中を見て」
っていう言葉がかっこよくてグッときました!
うちの選手は試合中仲間に、苦しい時は俺の背中を見ろって言える人いるのかな。
サッカーだけじゃなくチームで頑張るいろいろな場面で、私も仲間にそうやって言えるように苦しい時こそいちばん頑張れる人になりたいと思いました!

オープンキャンパスがあるおかげで今週来週は練習日程がいつもと違ってます。
ちゃんと確認するようにお願いします!
posted by 愛知淑徳大学サッカー部 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月03日

代表戦

World Cupアジア最終予選は残念ながらUAEに負けました。

試合の勝ち負けと審判の問題を議論しても仕方ないので、90分の流れを思い起こしながら何が問題なのかを私なりに考えて見ました。

負けの決定的な問題の場面。

VEERTIEN officlal yearbook 2016でも書きました日本にCBがいるのか?
と言った疑問が、この試合でも証明されました。
CBというよりディフェンスの出来る選手がいるのか?

ペナルティーエリアのゴールライン付近の出来事、結果PKの場面。

この狭いエリアでボールを持ったUAEの選手を日本選手3人が囲むようにして、

ボールを奪いに行きましたが、これは、ディフェンスの原則が理解できていない選手の行動です。

・1stディフェンダー 2ndディフェンダー 3rdディフェンダーの理解不足。
3人が1stディフェンダー。

・狭いスペースに3名がボールを奪いに行きお互いを邪魔してしまった。

※この場面はPKの判定を議論する事より、守備の出来る選手育成をどうするのか?です。

@守備のバランス
Aボールを持たない人へのマーク
Bボール保持者に対するマーク
Cゾーンディフェンス(ゾーンでマーク、カバーリング)

上記は、子供のころからの積み重ねになります。@からCへ成長に合わせて理解させていく。

代表戦のテレビ解説者、翌日の新聞記事、はいずれもPKや浅野選手のゴールの判定に注視しているが、そもそもの問題が見えない解説者の多い日本サッカーの将来が危ぶまれますね。

以上 参考ですが皆さんと議論する価値が有りそうな場面です。

山下 則之

posted by 愛知淑徳大学サッカー部 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記